2011年 06月 12日

大葉と茗荷

a0119785_22372974.jpg


Declareのある暮らし 6月でも登場した、大葉と茗荷

具体的にどんな効用があるの?買うときのポイントは?
など、気になることがあったので、調べてみました。

<大葉>

効用
食中毒予防、風邪予防、整腸作用、利尿、夏バテ解消、貧血、
血液をサラサラにする効果があります。

よい物の見分け方
濃いグリーンの切れ込みのしっかりした、つや・香りのあるものを選びましょう

a0119785_22412283.jpg


<茗荷>
ショウガ科ショウガ属の多年草。地上に出ている部分は冬に枯れてしまいますが、翌年にまた出てきます。 ヤブの中など日陰の湿った所を好みます。
夏茗荷は6月から8月まで。秋茗荷は9月から10月です。
効用
-薬効効果-
1.精油成分が、大脳皮質を軽く刺激して、ぼーっ!とした頭をシャキッ!
  とさせる作用あり。

2.熱を冷まし、解毒効果があるので、夏バテに効果あり。
  独特の芳香と風味があるので、薬味などにすると、食欲増進に。

3.ホルモンのバランスを整える効果があるので、生理不順、更年期障害
  生理痛や女性の冷え性、冷えからくる腰痛、腹痛にも有効。

4.発汗、呼吸、血液循環などの機能を促す作用があるので、腰痛、肩こ
  り、リウマチ、神経痛にも効果あり。患部にそのままはったり、入浴剤と
  して用いる。


http://www.shishiclub.co.jp/uenoya/yakuzen_myoga.html



ふむふむ、、なるほど~☆

わかっているつもりではありましたが、改めて調べてみると
更に深くわかって、おもしろいです。


IH・直火・オーブン対応の新しいIH土鍋 DeclareのHPはこちら
a0119785_0405033.gif
[PR]

by declare_qualities | 2011-06-12 22:44 | なにげないこと


<< 限定20食ランチ      自然のもの >>